カラテがカンフーに!?

ハリウッドの企画不足の話題が当たり前になって久しい昨今、世界に空手ブームを巻き起こしたあの名作『ベスト・キッド』までがリメイクされる企画があるそうです. なんでもウィル・スミスがその企画を進めているそうで、ラルフ・マッチオが演じていた少年をウィル・スミスの息子で『幸せのちから』でも注目されたジェイデン・スミスくんが演じるかも知れないとか. ん~確かに彼はいい俳優になると思うのですが、これではちょっとウィル・スミスが親バカじゃないか? と思っちゃいますね. ちょっと心配です. さらにタイトルもこれまた心配なんです. オリジナルの原題は『カラテ・キッド』だったのに対し、このリメイク版のタイトルは『カンフー・キッド』ですよ. カラテをカンフーに代えただけなんて、桂小枝師匠風に言うならば「もう少しひねりなさい! ひねりなさい! 」ですよ. 仮に映画の内容もしカラテをカンフーに代えるだけだったら、さらにウィル・スミスの株が下がるような気がして…. あぁ~本当に心配です. まぁここまで来たならもう一つ心配事を追加しちゃいましょう. それはオリジナルではノリユキ・パット・モリタが演じたミヤギ役に名前が挙がっているのがジャキー・チェンやチャウ・シンチーってことです. この2人の名前を聞いて、えぇ~!!と思いませんか? 確かに彼らはカンフーに対して熱い想いを持っている俳優さんですが、ジャッキー・チェンが師匠なら体を張って誰も真似できない危険なことばかりしてそうですし、またチャウ・シンチーが師匠なら「カンフー・ファイティング♪」なんて歌いながら武空術を使った修行を行いそうですもん. とても不良グループを倒し、主人公が人間として立派な道を歩めるように導いてくれるような感じがしません さてさてそんな『ベスト・キッド』で思い出すことといえば、この作品でアカデミー助演男優賞にもノミネートされた日系人俳優ノリユキ・パット・モリタが演じたミヤギ役に当初オファーされていたのが三船敏郎だったということ. ところが世界の三船敏郎先生、何を考えておられたのか『スター・ウォーズ』のオビ・ワン役に続き、このミヤギ役のオファーも蹴ってしまったそうで、さぞかしノリユキ・パット・モリタがアカデミー助演男優賞にノミネートされたのを知って悔しがられたでしょうね. てな訳で『ベスト・キッド』に出演していた頃のエリザベス・シューは可愛かったけど、最近見ないなぁ~と懐かしんだ新作ニュースでした. 深夜らじお@の映画館 は空手の経験がありますが、もうほとんど覚えておりません.

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s